ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > よくあるQ&A > 利用する際の手続きは。

ここから本文です。

よくあるQ&A

A4印刷

利用する際の手続きは。

利用する際の手続きは。

A1:建設残土センターの場合は、利用希望開始の2週間前までに、依頼書を公益財団法人岡山県環境保全事業団の環境事業部事業企画課に提出し、書類審査及び承諾を受ける必要があります。
提出書類としては、①建設残土処理(搬出)依頼書、②建設残土センター搬入(搬出)計画書、③工事位置及び運搬経路がわかる図面、④工事契約書の写し(工事名、工期、発注者、請負者が確認できる部分の写し)。
詳しくは、事業団ホームページに掲載している『建設残土センター利用要領』をご参照ください。


A2:水島処分場を利用する際の手続きは、以下のような流れになります。
①搬入依頼書、搬入車両届出書、工事・事業場・仮置場等の発生土位置図、発生土の性状が確認できる写真を公益財団法人岡山県環境保全事業団の環境事業部事業企画課に提出して下さい。
②発生土の受入可否について、事業団職員が現地等で事前確認を行います。現場状況や発生工程によっては、分析証明書の提出をお願いすることがあります。
③受入可能と判断した場合には覚書を締結し、搬入することが可能となります。ただし、水島処分場へはJFEスチール(株)敷地内を通行する必要があるため、『製鉄所隣接地通門証』を取得していることが前提となります。
詳しくは、事業団ホームページに掲載している『建設発生土搬入要領』をご参照ください。

このページの先頭に戻る

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る