環境について楽しく学ぶこと、そしてエコ活動の輪を広げていく。

そんなことをコンセプトに岡山市イトーヨーカドー北100mに環境学習センターを開設しました。そんな環境学習センターの日々をご紹介します。

2008年11月04日

パプアニューギニア展 はじめました♪

パプアニューギニアは,南半球にあるニューギニア島の東半分とその周辺の島々からなる国です。
近年では,「地上最後の楽園」というキャッチフレーズで紹介されることが多くなっています。
写真展では,「様々な部族」の写真から,「儀式」や「習慣」など,現地の人々の暮らしを見つめ,「心豊かな暮らし」を感じていただけたらと考えています。
また,「青い海」,「熱帯雨林」からは,地球の力強い鼓動を感じていただきたいと思います。この島で実際に生活し,様々な部族と交流を深めた「渡邊博之氏」ならではの視点でとらえた地上最後の楽園の写真をご覧いただけます。
写真展の他に,貝殻から作られた最古のお金「シェルマネー」や「究極のエコバッグ」,「パプアニューギニアコーヒー」などの展示も行っています。
なお,写真展と平行して,11月15日,22日,29日の土曜日は,アスエコへ渡邊博之氏を招き,ギャラリートークを開催します。パプアニューギニアの「海」,「自然」,「文化」,「風景」について熱く語ります。

 

撮影)渡邊博之(わたなべひろゆき)氏 略歴
1965年神奈川県生まれ。雑誌モデルや芸能人を手がける元メークアップアーティスト。
海好きが高じてダイビングの世界へ。伊豆に始まり、沖縄県石垣島、サイパン島、そしてパプアニューギニアに辿り着く。
パプアニューギニアに未だ残る手つかずの豊穣の海に魅せられ、パプアニューギニア・ミルンベイ州の海を世界のダイバーに紹介。
滞在中、パプアニューギニアの自然・文化・暮らしを体験し、自然の力や大切さを現地滞在者の視点で撮影。その写真は、海外からのファンも多い。

トラックバック(0)コメント(0)

この記事に対するトラックバック

2008年11月11日

うれしい出来事♪

いま、夏の省エネサマーチャレンジコンテストの取りまとめをしています。

そこで、先ほど1位の人にお電話してインタビューしました。
この方、なんと、前年比で72%もの削減を達成したツワモノの方です。
しかも、今年の電気使用量も参加者中、第1位の少なさ・・・。つまり、むちゃくちゃエコな方なのです。

で、一体どんなエコ生活をしていたのかとても楽しみにお電話したのですが、
大きかったのは、小学校2年生のお子さんの頑張りだったみたいです。

エアコンを止め、テレビの時間も減らし、玄関の外灯は、廃油キャンドルに。そんな生活を
小学校2年生の男の子が率先して行動を起こした結果だそうです。
(お父さんは少し困惑してたみたいですけどね(笑))

ここで、その男の子がどうしてそれほどまでにエコに目覚めたのかを聞いたのですが、それが
私たちアスエコスタッフにとっては、とてもうれしい理由だったのです♪。

アスエコでは、夏休み期間中に西川のお魚を集めた「アスエコ水族館」という展示をしていたんですね。
そのときに、来てくれた1人に、この男の子がいまして、凄くたくさんの魚がいることにビックリすると共に
スタッフの説明で温暖化や地球環境のことも考えたそうです。

そして、その足で西川を見に行って、自分の住む倉敷市児島の川とは違いに驚いたようなんです。
そこから、なんとか地球を良くしたい、川をきれいにしたい!と強く思い、家でのエコ行動に繋がっていったようです。

私たちは、昨年、環境学習センターを開設して、多くの方と接するようになりました。
そして、少しでも社会を地域を地球を変えるキッカケを紡いで行けたらと日々活動しています。

今回のこの話は、そんな私たちにとっては、言葉で表せないくらいうれしいことです。本当に・・・。
今後も頑張っていこうという力をもらった出来事でした♪

追伸
 実は、サマーチャレンジの参加者の方からは、他にも子どもがアスエコに行ってから変わって
そのおかげで省エネが出来たという感想をたくさんもらっています。
 最近、ブログを書く時間がなかなか取れなかったのですが、今後はそんなサマチャレ参加者の感想も
ご紹介していきますね!

 

今日のできごとトラックバック(0)コメント(0)

この記事に対するトラックバック

2008年11月15日

施設見学が増えています♪

アスエコには、毎日いろんな問い合わせがありますが、今年になって増えたのは、

学校や地域の環境学習の相談・・・。

4月〜10月の半期だけで、40校近い学校に出前講座で出かけている他、81件もの団体に
講師としてお呼び頂いています。うれしいことです♪

そんな中、最近増えてきたのが、施設見学。10月は特に多くて、5団体がアスエコで
地球温暖化などの話題と、身近に出来ることなどを勉強されていきました。

今日、その一つの山手小学校の子ども達からお礼の手紙が届いたので、他の団体も合わせて
見学の様子を写真でご紹介しますね。

 山手小学校5年生のみんなに今日の流れを説明中。
 右からアスエコスタッフの“てっちゃん” “かっしー” “つぼさん” 

10月のメニューは、かっしーが温暖化と出来ることの体験
てっちゃんが、エコバックのお話し。
つぼさんが、温暖化クイズを担当しました〜。

  

  これは矢掛小学校のみんなに温暖化とみんなが出来ることに
ついてお話ししているところ。
カセットコンロとCO2計を使いながら化石燃料と二酸化炭素の
関係を、「え〜!」という驚きで伝えています(笑)
その後で、後ろの写真パネルを使ってみんなが出来ることを
考えるプログラムですね、

 

これは、坪さんが温暖化クイズをしているところ。
感想にも、温暖化クイズのものが多く、楽しかったようですね。

 

 

 

 てっちゃんのエコバッグの説明♪
みんなのハートをガッチリ掴んでレジ袋と化石燃料、
そして、身近に出来ることなどを話しています♪

10月はアスエコ展示がエコバッグ展だったので、上手く
コラボして出来ました。
 

 アスエコには、実は3階に会議室があるんですねぇ。
矢掛小学校の訪問は44人と多かったので、最初に会議室で
アスエコ所長が導入をしっかりとしてから体験プログラムに
入りました。

見学の人数が多い時には、色々考えて、出来るだけ子ども達の
記憶に残るプログラムを作っています。 

 最後に、これは笠岡の愛育委員の皆さまが来られたときですね。
人数が40人と多かったので、展示プログラムを移動して
温暖化と身近に出来ることについてお話しをしました。

広がれ!エコライフ!

トラックバック(0)コメント(0)

この記事に対するトラックバック

このページの先頭に戻る

ブログ内検索

環境学習センター「アスエコ」とは?

2007年6月に岡山市に環境学習センター「アスエコ」を開設しました。 まだまだちっちゃなエコ施設ですが、この場所を通して少しでも多くの人に環境の大切さを少しでも分かって欲しい、そして地球のために出来ることについて気づいて欲しい・・。そんな切なる願いを胸に、多くの人に愛されるエコ施設を目指しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード