ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境保全活動 > 環境情報発信 > 情報誌「環境」 > 情報誌「環境」 No.311

ここから本文です。

環境情報発信

情報誌「環境」

A4印刷

PDFファイルでのご提供となります。 PDFファイルをご覧いただくには、アドビリーダーが必要です。

情報誌「環境」 No.311

特集「21世紀・循環型社会の形成をめざして」

幅広い分野で始まっている環境への取り組みを紹介する「循環型社会の形成をめざして」もシリーズ10回目となりました。

前号に引き続き、自動車のリサイクルに取り組む自動車産業の取り組みを紹介したいと思います。

循環型社会をめざした様々な業界の取り組みの中でも,再資源化率75〜80%と高いリサイクル率を誇る自動車産業界。前号では,使用済み自動車がどのような工程を経て解体され,再資源化,または処理されているかをご紹介しました。そして,事業車産業界では,さらなるリサイクル向上と適正処理促進をめざして,2002年以降の新型車のリサイクル可能率を90以上に引き上げるなど,開発段階からリサイクルを想定した製品づりに努めています。今回は,そのような研究・開発段階からのリサイクルに配慮した自動車づくりについてご紹介します。

豊かな自然と風土は県民みんなの財産!いつまでも美しく健全な郷土のために!

「よい環境あなたの手から心から!」

岡山県は,南に瀬戸内海,北に中国山地,中央には吉備高原が広がり,南北に旭川・高梁川・吉井川の三大河川が流れています。このような豊かな自然に恵まれる一方で,私たちの便利で快適な生活が,知らないうちに水質の汚濁や大気の汚染,地球温暖化などを起こし,自然環境に影響を与えています。このまま便利さや快適さを求め続けると,かけがえのない自然を失い,私たち自身も被害者になっていまいます。

次の世代に受け継ぐことのできる美しく健全な郷土のために,一人ひとりが環境によい行動を始めていく必要があります。

それでは,岡山県の環境はどのような状況にあるのでしょうか。そして,自然環境を守るために私たちに何が出来るのかを家庭生活と街・社会の2面からクイズを取り入れながら考えていきます。

岡山の昆虫 ホソハンミョウ

岡山の昆虫

岡山の昆虫と題して、岡山県に生息している昆虫を取り上げ、その昆虫の生態を詳しく知ることにより自然とのふれあいを深めていこう、というコーナーです。

今号は、ハンミョウの仲間である「ホソハンミョウ」を勉強してみましょう。

  • バックナンバーを見る
  • 最新号を見る

このページの先頭に戻る

循環資源総合情報支援センター
  • マッチングシステム
  • リサイクル情報システム
地球温暖化防止活動推進センター
  • アースキーパーメンバーシップ制度
  • 岡山県地球温暖化防止推進員の紹介
環境学習センター「アスエコ」
  • 環境学習センター ブログ公開中

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る