ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境保全活動 > 岡山県版レッドデータブック > 岡山県版レッドデータブックのカテゴリー定義

ここから本文です。

岡山県版レッドデータブック

岡山県版レッドデータブックのカテゴリー定義

A4印刷

岡山県のカテゴリー定義は、環境庁(現環境省)による「カテゴリー定義(1991)」に準拠した。

なお、岡山県では、現在、急激に個体数が減ってきている種ではないが、元々個体数が少ないという特徴があるものを「希少種」として、また、絶滅のおそれはないが、優れた環境の指標となる種や岡山県の特産種などを「留意種」として、独自のカテゴリーを設けて取り扱うこととした。

個体数の減少(絶滅を含む)のグレードに従って分類するグループ

絶滅種 <すでに絶滅したと考えられる種>

過去に岡山県に生息・生育したことが確認されており、かつ、次のいずれかに該当するもの

  1. 信頼できる調査や記録により、すでに絶滅したことが確認されている。
  2. 複数の信頼できる調査によっても、生息・生育が確認出来ない。
  3. 過去50年程度にわたり信頼できる生息・生育の情報が得られていない。

野生絶滅種 <飼育・栽培下でのみ存在している種>

過去に岡山県に生息・生育していたことが確認されており、飼育・栽培下では存続しているが、野生ではすでに絶滅したと考えられるもの

  1. 信頼できる調査や記録により、すでに野生で絶滅したことが確認されている。
  2. 複数の信頼できる調査によっても、生息・生育が確認出来ない。
  3. 過去50年程度にわたり信頼できる生息・生育の情報が得られていない。

※本県産であることが確認されていれば、飼育・栽培の場所は県内外を問わない。

絶滅危惧種 <絶滅の危機に瀕している種>

もしも、現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用するならば、その存続が困難になるもの

  1. 既知の全ての個体群で、個体数が危機的水準にまで減少している。
  2. 既知の全ての生息地又は生育地で、生息・生育条件が著しく悪化している。
  3. 既知の全ての個体群がその再生産能力を上回る捕獲・採取圧にさらされている。
  4. ほとんどの分布域において、交雑可能な別種・別亜種が侵入している。

危急種 <絶滅の危険が増大している種>

もしも、現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用するならば、近い将来「絶滅危惧種」のランクに以降することが確実と考えられるもの

  1. 大部分の個体群で個体数が大幅に減少している。
  2. 大部分の生息地又は生育地で、生息・生育条件が明らかに悪化している。
  3. 大部分の個体群がその再生産能力を上回る捕獲・採取圧にさらされている。
  4. 分布域の相当部分に交雑可能な別種・別亜種が侵入している。

準危急種 <存続基盤が脆弱な種>

現在のところ、「絶滅危惧種」にも「危急種」にも該当しないが、生息・生育条件の変化によって容易に上位のランクに移行するような要素(脆弱性)を有するもの

  1. 環境条件の変化によって、容易に「絶滅危惧種」又は「危急種」に移行し得る属性を本来有しているもの。具体的には次のいずれかの要素を持つこと。
    • a)どの生息地又は生育地においても、生息・生育密度が低く希少である。
    • b)生息地又は生育地が局限されている。
    • c)生物地理上、孤立した分布特性を有する(分布域がごく限られた固有種等)
    • d)生活史の一部又は全部で、特殊な環境条件を必要としている。
  2. 生息・生育状況の推移からみて、種の存続への圧迫が強まっていると判断されるもの。具体的には、分布域の一部において、次の傾向が顕著であり、今後さらに振興するおそれがあるもの。
    • a)個体数が減少している。
    • b)生息・生育条件が悪化している。
    • c)過度の捕獲・採取圧による圧迫を受けている。
    • d)交雑可能な別種・別亜種が侵入している。

情報不足 <評価するだけの情報が不足している種>

  1. 環境条件の変化によって、容易に絶滅危惧のカテゴリーに移行し得る属性(具体的には次のいずれかの要素)を有しているが、生息・生育状況をはじめとして、ランクを判定するに足る情報が得られていないもの
    • a)どの生息地又は生育地においても、生息・生育密度が低く希少である。
    • b)生息地又は生育地が局限されている。
    • c)生物地理上、孤立した分布特性を有する(分布域がごく限られた固有種等)
    • d)生活史の一部又は全部で、特殊な環境条件を必要としている。

このページの先頭に戻る

個種として元々の個体数を考慮するグループ

希少種 <種として元々の個体数を考慮する種>

現在、急激に個体数が減ってきている種ではないが、元々個体数が少ないという特徴がある種。

このページの先頭に戻る

上記以外でコメントを付けて揚げる必要のあるグループ

留意種 <絶滅のおそれはないが、岡山県として記録しておく必要があると考えられる種>

  • 優れた環境の指標となる種
  • 岡山県の特産種
  • 岡山県が分布の限界となっている種
  • その他岡山県として記録しておく必要があると考えられる種

注)種:動物では種及び亜種、植物では種、亜種及び変種を示す。

目次に戻る

このページの先頭に戻る

循環資源総合情報支援センター
  • マッチングシステム
  • リサイクル情報システム
地球温暖化防止活動推進センター
  • アースキーパーメンバーシップ制度
  • 岡山県地球温暖化防止推進員の紹介
環境学習センター「アスエコ」
  • 環境学習センター ブログ公開中

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る