ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境保全活動 > 岡山県版レッドデータブック > 作成の背景役割と意義

ここから本文です。

岡山県版レッドデータブック

作成の背景役割と意義

A4印刷

県版レッドデータブック作成の背景

自然の健全さや豊かさは、そこに生息する生物種や生態系の多様性(生物多様性)に象徴されている。

生物多様性を確保することは、人と自然の適切な共生関係を構築し、豊かな自然環境を次世代に引き継いでいく上で最も重要な柱の一つである。

なかでも、野生動物は一度絶滅すると再生は不可能であると同時に、生態系の環の中で一つの種の絶滅が他の種の生息・生育環境の悪化をもたらす。このため、現存する種の多様性を確保することが緊急かつ重要な課題になっている。

野生動物の種のおかれている現状を明らかにするため、国際自然保護連合(IUCN)が世界的な規模で絶滅のおそれのある野生動物の種名リスト(通称:レッドリスト)を昭和41年(1966年)に刊行したのがレッドデータブックの始まりであった。その後、世界各国が「レッドデータブック」づくりに乗り出した。

レッドデータブック作成の目的は、絶滅のおそれのある野生生物の現状を明らかにし、その保護対策の基礎となるべき資料を提供するとともに、自然環境保全意識の高揚を図ることにある。

日本では、環境庁(現環境省)が中心となり、「緊急に保護を要する動植物の種の選定調査」が昭和61年(1986年)から行われ、動物では、平成3年(1991年)に「日本の絶滅のおそれのある野生動物―レッドデータブック―脊椎動物編」及び「同、無脊椎動物編」が刊行された。また、植物についても、公益財団法人日本自然保護協会と公益財団法人世界自然保護基金日本委員会によって、平成元年(1989年)に「我が国における保護上重要な植物種の現状」が刊行された。

しかしながら、これらのレッドデータブックは、全世界あるいは日本全土を対象として種の選定を行ったものであるので、県レベルで考えた場合、全国的には特に絶滅のおそれがない種であっても、岡山県では絶滅の危機に瀕している種がある場合もあり、必ずしも地域の現状に沿ったものになっていない。

したがって、地域における適切な野生動物の保護や自然環境保全の施策推進を図るためには、県内における絶滅のおそれのある野生動物の現状を把握する必要があることから、県版レッドデータブックを作成することとした。

県版レッドデータブックの役割と意義

岡山県では、四季の変化に富み、県北の中国山地から県中部の吉備高原、県南の瀬戸内海沿岸部まで、豊かで多様な自然環境に恵まれているため、多様な野生生物が生息・生育している。

そして、野生生物は、長い進化の歴史を生き続けてきたものであり、生態系を共有するパートナーとして、また、資源や精神文化の糧として、私たちに多くの恩恵をもたらすかけがえのない存在である。

しかし、河川や海岸の改変、水質の汚濁、森林の開発、あるいは乱獲などの人間活動により、野生生物相は、その豊かさを急激に失いつつある。いったん絶滅してしまった種は、もはや人の手で再生することは不可能である。多様で豊かな野生生物を保護し、その生息地とともに次代に引き継いでいくことは、私たちに課せられた責務である。

県版レッドデータブックにおいては、他地域では豊富に生息・生育していながら県内では僅かしか生息・生育していない種、あるいは、岡山県の固有種や局地的に生息・生育環境が限定されている種の実態を明らかにし、全国レベルのレッドデータブックでは把握しきれない地域の自然の現状を把握した。

県としては、県版レッドデータブックを環境アセスメントの審査や、開発行為と自然保護との調整を図る上での基礎資料として、また、野生生物の保護対策を講じる上での基礎資料として活用することとしている。

また、多くの野生生物が絶滅の危機に瀕していることを県版レッドデータブックを通じて、周知を図り、自然環境保全意識の高揚を図ることとしている。より多くの方々に野生生物の現状や課題などに関心を寄せていただくことにより、希少な野生生物の保護活動が積極的になされることが期待される。

目次に戻る

このページの先頭に戻る

循環資源総合情報支援センター
  • マッチングシステム
  • リサイクル情報システム
地球温暖化防止活動推進センター
  • アースキーパーメンバーシップ制度
  • 岡山県地球温暖化防止推進員の紹介
環境学習センター「アスエコ」
  • 環境学習センター ブログ公開中

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る