ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境緑化 > 緑のページ > 岡山の植物 > マタタビ

ここから本文です。

緑のページ

岡山の植物

マタタビ

 

A4印刷

【種名】マタタビ
【科名】マタタビ科
【漢字表記(あて名・俗名)】木天蓼
【開花期】6~7月
  枝先の葉が、白くなる頃、葉の脇に甘い香りがする梅の花に似た白
  い5弁の花が咲く。
  花の径は、2cm前後で、雄花、雌花、両性花がある。
【特徴・特性】
  梅雨の頃、山の沢沿いの斜面に覆いかぶるように蔓性の枝に緑色
  の葉が茂る中、白く染まった葉が目につく。この白い葉は、梅雨の頃
  白色に変色したもので梅雨の終る頃には、再びもとの緑色になる。
  黄緑色に熟した果実は、塩漬けや果実酒に食用される。

このページの先頭に戻る

循環資源総合情報支援センター
  • マッチングシステム
  • リサイクル情報システム
地球温暖化防止活動推進センター
  • アースキーパーメンバーシップ制度
  • 岡山県地球温暖化防止推進員の紹介
環境学習センター「アスエコ」
  • アスエコブログ

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る