ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境緑化 > 緑のページ > 岡山の植物 > サルトリイバラ

ここから本文です。

緑のページ

岡山の植物

サルトリイバラ

 

A4印刷

【種名】サルトリイバラ
【科名】ユリ科
【漢字表記(あて名・俗字)】猿捕茨
【開花期】4月下旬~5月下旬
  花の色は、薄緑色の5mm程度の小花が集まって咲く。
【特徴・特性】
  葉は、互生につき、茎は茶褐色で堅く、屈曲し、所々に堅い刺が見
  られる。また、形は、楕円形で先端は少し突出しとがり、質は厚く表
  面に光沢があり裏面はやや白っぽい。
  実は、10個ぐらい集まってつき、10月頃、径が8mmぐらいの球形
  の紅色の実に熟する。
  新葉は、柏餅の葉の代用に使われる。

このページの先頭に戻る

循環資源総合情報支援センター
  • マッチングシステム
  • リサイクル情報システム
地球温暖化防止活動推進センター
  • アースキーパーメンバーシップ制度
  • 岡山県地球温暖化防止推進員の紹介
環境学習センター「アスエコ」
  • アスエコブログ

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る