ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境調査・分析 > 土壌汚染調査TOP > 調査が必要となるケース

ここから本文です。

岡山県環境保全事業団では岡山県全域の土壌汚染調査を承っております。

土壌汚染調査


調査が必要となるケース

土壌汚染調査は、法令により調査が義務付けられているケース(義務調査)と、自主的に行うケース(自主調査)とに分けられます。

■義務付けられているケース

ケース①

有害物質を製造、使用又は処理する水質汚濁防止法・下水道法の特定施設の使用が廃止された場合

ケース②

3000㎡以上の土地改変を行う場所に、土壌汚染のおそれがあると都道府県知事が認める場合

ケース③

土壌汚染により健康被害が生ずるおそれがあると都道府県知事が認める場合

■自主的に行うケース

不動産関係

  • 工場跡地の売買
  • ガソリンスタンドの土地売買
  • 病院跡地の売買
  • クリーニング店の土地売買
  • 土地を担保に出す
  • 土地の資産価値把握

企業・工場主

  • 工場の売却
  • 企業の資産価値の把握
  • 自社の環境マネジメント
  • CSR 活動
  • 企業イメージUP
  • 資産除去責務

その他

  • 化学物質の漏洩、事故
  • 行政からの指導
  • 農地の土壌診断
  • 気になったから

このページの先頭に戻る

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る