ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境調査・分析 > 環境調査事業概要

ここから本文です。

環境調査事業概要

環境調査事業概要

A4印刷

環境調査部昭和49年の事業開始から、公的役割を担う環境調査機関として、多くの環境データを提供してまいりました。その間、多様化する環境問題や新たなニーズに対応すべく、各種の環境アセスメント、自然環境調査、ダイオキシン類やPCBなどの新規規制物質の分析、土壌汚染調査など業務の幅を広げてまいりました。
合わせて、試験所能力の国際規格(ISO/IEC 17025)の認定を取得するなど、業務品質の向上にも努めております。

環境調査部では、下記の業務を行っています。

環境測定・分析業務 環境調査業務
  • 水質分析
  • 土壌・肥料分析
  • 大気・悪臭分析
  • 廃棄物分析
  • ダイオキシン類分析
  • 微量PCB分析
  • 騒音・振動調査
  • 自然環境調査
  • 環境アセスメント

環境測定・分析のご依頼、ご相談について

ホームページからのお問い合わせ

お電話・ファックスでのお問い合わせ

〒701-0212
岡山県岡山市南区内尾665-1
公益財団法人岡山県環境保全事業団 環境調査部 業務管理係まで

電話 086-298-2616
ファックス 086-298-2617
e-mail mado@kankyo.or.jp

品質保証への取り組み

環境調査部では、より正確で迅速な精度の高い測定・分析をもとに、正確な環境データの提供、品質保証の向上に努めています。

環境計量事業所への登録

環境計量証明事業所への登録を通じ、精度の高い証明書の提供を行っています。

濃度 岡山県第6−1号
音圧レベル 岡山県第7−1号
振動加速度レベル 岡山県第8−1号

ISO/IEC17025の認定取得

試験所における分析結果の信頼性を保証する国際規格であるISO/IEC17025の認定を取得しました。
国際規格に沿った品質管理システムに基づいた管理運営を行い、より精度の高い分析データの提供に努めてまいります。

認定番号 RTL02920
認定範囲 化学試験
産業廃棄物分析(産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法)
(環境庁告示第13号)
Cd:JIS K 0102 55.3
Pb:JIS K 0102 54.3
Se: JIS K 0102 67.3

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関

土壌汚染対策法に基づき、調査を実施する場合に必要な環境省の指定する土壌汚染対策法に基づく指定機関の指定を受けています。

指定番号 2003−33000−1001

主な資格取得者等

環境測定・分析業務と環境調査業務を確実に実施するため、専門技術を備えたスタッフを揃えています。

環境計量士 濃度関係 10名
騒音・振動関係 6名
臭気判定士 3名
土壌汚染調査技術管理者 3名
公害防止管理者 水質1種 3名
水質2種 1名
大気1種 2名
騒 音 2名
振 動 2名
ダイオキシン類 1名
作業環境測定士 1種 有機溶剤 2名
1種 特定化学物質 2名
1種 鉱物性粉じん 1名
2種 1名
環境測定分析士 2級 第3分類 1名
3級 4名
環境騒音・振動測定士 初級 1名
生物分類技能検定 2級 動物 1名
2級 水圏生物 1名
鳥獣保護管理調査コーディネーター 1名
博士 理学 1名
農学 1名
学術 1名

各種団体への加入

岡山県計量協会を始めとして、日本環境測定分析協会や日本生態学会などへ加入し、技術・情報の習得を行い精度の高い信頼される環境データの提供に努めています。

主な加入団体

  • (一社)岡山県計量協会 環境計量証明部会
  • (一社)日本環境測定分析協会
  • (一社)日本環境アセスメント協会
  • (公社)日本分析化学会
  • (一社)日本環境化学会

環境調査・分析トップに戻る

このページの先頭に戻る

循環資源総合情報支援センター
  • マッチングシステム
  • リサイクル情報システム
地球温暖化防止活動推進センター
  • アースキーパーメンバーシップ制度
  • 岡山県地球温暖化防止推進員の紹介
環境学習センター「アスエコ」
  • 環境学習センター ブログ公開中

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る