ページの先頭です

お問い合わせに関するメニューをとばして共通メニューへ

共通メニューをとばして本文へ

検索入力ボックスへ



サイト内の現在位置は:

HOME > 環境調査・分析 > 土壌汚染調査TOP > 土壌汚染物質の基準と用途…

ここから本文です。

岡山県環境保全事業団では岡山県全域の土壌汚染調査を承っております。

土壌汚染調査


土壌汚染物質の基準と用途

土壌汚染対策法では、地下水の摂取などによるリスクの観点から「土壌溶出量基準」、直接摂取によるリスクの観点から「土壌含有量基準」が設定されています。また、それぞれの物質は、過去及び現在において様々な用途で使用されています。

物質名 区分 (地下水摂取リスク)
土壌溶出量基準
(mg/L)
(直接摂取リスク)
土壌含有量基準
(mg/kg)
現在及び過去の用途
四塩化炭素 第1種特定有害物質 0.002 フロン原料、溶剤、脱脂洗浄
1,2-ジクロロエタン 0.004 クロロエチレン原料、洗浄剤、溶剤
1,1-ジクロロエチレン 0.1 繊維・樹脂・フィルムなどの原料
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04 化学合成の中間体(用途無し)
1,3-ジクロロプロペン 0.002 農薬(土壌燻蒸剤、殺菌剤)
ジクロロメタン 0.02 脱脂洗浄
テトラクロロエチレン 0.01 ドライクリーニング、脱脂洗浄、溶剤
1,1,1-トリクロロエタン 1 金属洗浄、溶剤
1,1,2-トリクロロエタン 0.006 1,1-ジクロロエチレンの原料、溶剤
トリクロロエチレン 0.03 金属洗浄、溶剤
ベンゼン 0.01 合成ゴム、合成皮革・洗剤の原料
クロロエチレン 0.002 塩化ビニルの原料
カドミウム及びその化合物 第2種特定有害物質 0.01 150 顔料、メッキ、電池、合金
六価クロム化合物 0.05 250 メッキ、皮なめし、顔料
シアン化合物 不検出 50(遊離シアン) 金属精錬、メッキ、医薬品
水銀及びその化合物
内、アルキル水銀
0.0005

不検出
15

電池、蛍光灯、合金、触媒、農薬
セレン及びその化合物 0.01 150 電気部品、感光体、太陽電池
鉛及びその化合物 0.01 150 蓄電池、鉛管、はんだ、塗料
砒素及びその化合物 0.01 150 医薬品、防腐剤、殺虫剤、農薬
ふっ素及びその化合物 0.8 4000 ガラス製造、アルミ精錬
ほう素及びその化合物 1 4000 ほう酸、電気メッキ、特殊硝子
シマジン 第3種特定有害物質 0.003 除草剤
チオベンカルブ 0.02 除草剤
チウラム 0.006 殺菌剤、ゴムの加硫促進剤
ポリ塩化ビフェニル 不検出 電気絶縁体、変圧器、コンデンサ
有機りん化合物 不検出 殺虫剤、殺鼠剤、除草

このページの先頭に戻る

本文はここまでです。ここからサイトに関するメニューです。ページの先頭に戻る